スポンサーリンク




私は、嫁とは会話をしない。

借金のカミングアウトをした3年前から、必要なこと以外はほとんど話したことはない。

これが家庭内別居というものだろうか?




食事の用意ができると、いつも息子が呼びに来る。

何か、私に伝えたいことがある時は、嫁は息子を使う。


この時もそうだった。


「ご飯、出来たって」

「うん」

いつものことだ。



そして、



そこにあったのは、いつもの光景だった。

テーブルの上には、ラーメンだけ。

もちろん具などは入っていない。

スープと麺。

実にシンプルだ。

その横には、無造作に置かれた水の入ったコップもあった。




私は、無言のまま麺をすすった。

わずか3分ほどだろうか・・・



いや、3分も経ってはいないだろう。



その短い時間だけが、私が家族と触れ合っている?唯一の時間だった。



すべて食べ終わると私はテーブルを後にした・・・。



私の最後は、もしかしたら栄養失調かもしれないと、ふと思った。


スポンサーリンク

スポンサーリンク