スポンサーリンク




こんにちは、ころです。

最近は、「ころちゃん」・「ゴロちゃん」・「ころカス」・「コロコロ」などと、コメント欄では呼んでいただいています・・・

今は、コメント欄は閉鎖中です。。。

嫁に内緒の借金400万円超を、FX空き缶拾い・不動産チラシ配りの3本立てで返済していくため、日々奮闘しています。メインはもちろんFXです!

嫁に内緒の借金返済のためには、これ以上は負けられない。


本題はここからです。


あまりにも酷くて、しかも露骨すぎだったから・・・


このFXトレード
  ↓
スクリーンショット(クリックで拡大)
キャプチャ


スクリーンショット(クリックで拡大)
キャプチャ


スクリーンショット(3分足ドル円チャート)
キャプチャ




興奮して同じ約定した画像を2つ出してしまっていますが、どちらでもいいので見てください。

8:56分にドル円ショート20,000通貨を約定させました。

続いてチャートを見てください。

その直後、一瞬で20pipsもやられたオレは慌てて損切り。

ショートポジションはわずか7分ほどの間に4,000円の損失を生み出した(泣)

そしてジワジワと元に戻っていった。。。

まるでオレのポジションを損切りさせるためだけのような動きw





その後のトレードでも・・・

気を取り直してスマホでピコピコとスキャルピングトレードを繰り返していたけど、オレが画面を押した値より1pips以上も離れた値で約定されることが頻繁にあった(゚∇゚ ;)エッ!?


数pipsを抜く秒速スキャルピング。

この誤差が致命傷になっていたのは言うまでもない。。。





以前から気にはなっていたんです。



どうしてオレばっかりこんなに負けるんだと(´;ω;`)



やはりスーパートレーダーとしてのトレードは監視されているということなのか?

そう思わざるを得ませんでした。




昨日はそれがあまりに酷く感じたので、いつもは冷静沈着なオレだがたまらず電話をしてしまいました。

サービスセンターのオペレーターの女の子と・・・




オレ 『ボクのトレード、監視していますか?』

FX会社の女の子 『いえ、そのようなことは決して』

オレ 『じゃあ、どうしていつもボクだけこんなにも負けるんですか?』

FX会社の女の子 『それはちょっと・・・そのトレードが・・・』

オレ 『ボクのトレードが問題ってことですか?』

FX会社の女の子 『いえ、そういう意味では・・・』

オレ 『もう、いいですわ!』





オレは電話を切った━─━─━─━─━─




女性にこんなにキレてしまったのは、あの時以来か・・・

(クリックで読めます)
女子高生から「変態ジジイ」って言われた!



クレームを入れたあのFX会社のお姉ちゃんにも、『キショイ借金まみれの変態じじい』なんてことを思われたんだろう・・・まあ、借金あることは知らないと思うが(´・ω・`)




ドル円の謎の大暴落、ポンド円の情け容赦ない昇竜拳、そしてスーパートレーダーとしての宿命とも言うべき「監視」。




これらの避け難い外的要因によって、



オレのFX口座は致命傷を負った・・・

もう、風前の灯火です(泣)(泣)(泣)

助けて・・・



こちらのブログでは、日々のFXトレードの結果をスクリーンショットしています。
スーパートレーダー KORO


関連コンテンツ

スポンサーリンク