スポンサーリンク




こんにちは、ころです。

最近は、「ころちゃん」・「ゴロちゃん」・「ころカス」・「コロコロ」などと、コメント欄では呼んでいただいています・・・

今は、コメント欄は閉鎖中です。。。

嫁に内緒の借金400万円超を、FX空き缶拾い・不動産チラシ配りの3本立てで返済していくため、日々奮闘しています。メインはもちろんFXです!

嫁に内緒の借金返済のためには、これ以上は負けられない。


本題はここからです。


私の少年時代のことを書かせていただきます。

超絶貧乏だった2人目のお父さん時代の話です。

オレの母親は、4回の離婚を経験しています。ということで、オレが『お父さん』と呼んだ人は4人もいます。



小学校2年生くらいの時から、この2番目のお父さんだったと思います。

毎日の暮らしがいろんな意味でもう超絶すぎて、記憶が曖昧になってしまっていますが。。。

その当時は、山の中の小屋のようなところに住んでいたオレ。





基本的には、父(2番目)・母・オレ・妹・妹・弟の6人で一緒に暮らしていました。

『基本的』というのは増えたり減ったりしていたから・・・父の方の連れ子が母の方に帰ったりとか、祖父母の方に行っていたりとか。。。また一緒に住みだしたりとか。

とにかく複雑でした。

いわゆる父親違いの兄弟姉妹ということでは、おそらく総数では補欠も含めた野球チームが作れる人数だと思います。




小屋のような家の広さは6畳一間とキッチン、そして物置きのような押入れ風の部屋がありました。

寝る時は、6畳部屋に4人で、後はキッチンに1人、トイレ前のスペースに1人という形でした。

誰が6畳部屋で寝れるのかを、争ったこともありました。

よく兄弟間でケンカをしたものです。

食べるものも十分になく、いつもお腹が空いていました。

近所に生えている雑草?のような草を採って飢えを凌いでいたのも事実です。



そして、

中学生になったオレは、毎日お弁当を持っていっていました。

持っていったお弁当のおかずはいつも玉子焼きだけでした。

もうおかずを買うお金もなかったのでしょう。



「おっ、こいつの弁当、また黄色だぜ!」

「ホントだ。卵しか入っていない。まっきっき。」

「おい、きいろ!」



『きいろ』


いつしかオレはこう呼ばれるようになっていた。


(クリックで読めます)
「いじめ」 まず私のブログ読者5000人の方に読んで欲しい。


好調だったFXのはずが、調子に乗りすぎてかなりの大損をぶっこいています(´;ω;`)
      ↓
こちらのブログでは、日々のFXトレードの結果をスクリーンショットしています。
スーパートレーダー KORO


スポンサーリンク

スポンサーリンク