スポンサーリンク




こんにちは、ころです。

最近は、「ころちゃん」・「ゴロちゃん」・「ころカス」・「コロコロ」などと、コメント欄では呼んでいただいています・・・

今は、コメント欄は閉鎖中です。。。

嫁に内緒の借金400万円超を、FX空き缶拾い・不動産チラシ配りの3本立てで返済していくため、日々奮闘しています。メインはもちろんFXです!

嫁に内緒の借金返済のためには、これ以上は負けられない。


本題はここからです。


私はいつから借金まみれになったのか?

借金が私の一部になって切り離せなくなったのはいつからだったのか?

そんなことを考えるようになりました。



こちらが前回の過去の記憶記事です(クリックで読めます)
                 ↓
人生が詰んだ時、過去の記憶が蘇る~借金の真実~



下のスクリーンショットは2007年1月~2007年12月31日の株での実現損益です。
キャプチャ



2007年度は567件のトレードでした。


下のスクリーンショットはこの年のトレードの一部です。
キャプチャ


この時には、信用取引を繰り返し大きな損失を連日のように出していました。



下のスクリーンショットは2008年1月~2008年12月31日の株での実現損益です。
キャプチャ



2008年度は1036件のトレードでした。


下のスクリーンショットはこの年のトレードの一部です。
キャプチャ


値動きの大きい新興市場の銘柄を信用全力でトレードしていました。



2007年・・・約80万円の損失
2008年・・・約120万円の損失

前回の記事にも書いた2006年・・・約90万円の損失

3年で約300万円も失いました。

私の銀行口座にあった残高は120万円ほどでしたから、すでに単純計算でも180万円のキャッシングをしていたのでしょう。

もちろん年率12%~18%のカードを使ってのキャッシングでしたから、この時すでに利息だけでも毎月数万円支払っていた計算になると思います。



2007年の後半から2008年にかけては、すでにキャッシングを繰り返していた。

この時には、私の借金についての感覚はおかしくなっていました。

平気で20万円、30万円、50万円とATMでキャッシングをするようになった私。

「もう後戻りはできない」

そんなふうに考えていたのを覚えています。

使っていたキャッシング会社は、楽天クレジットマイワン(現在、楽天銀行)。

当初は100万円ほどの借入れ枠しかなかったが、増額申請をして現在の300万円までキャッシングできるようにしたのもこの頃です。

しかし借金額が、その上限300万円に達するのは1年もかかりませんでした。


スポンサーリンク

スポンサーリンク