スポンサーリンク




《 FX・ 株・ 仕事   成功につなげる心の持ち方≫

  その2



 前回のこのシリーズでは、私が小学生の時にしたコインゲームについて書かせてもらいましたが、今回は、今現在の仕事について書かせていただきたいと思います。私は仕事上、いわゆる飛び込み営業をすることもあります。例えば、新聞やウォーターサーバーなどを一般家庭にセールスしていく感じですね。一日に200件、300件と地域の家のインターホンを押していくわけですが、当たり前のように、ほとんどがインターホンでの門前払いになります。そりゃそうです、我が家でもそういうセールスが来たら、速攻で断りますからね。でもですね、何十件かに1件は玄関から出てきてくれて、300件~500件に1件くらいは成約に結びつくんですね。もちろん、営業トークや持ち合わせのツール、その時々のキャンペーンなど要因もありますけど・・・要は、営業成績っていうのは90%がそうした確率と、あきらめないっていう気持ちがどれだけあるかの結果だと思うのです。この猛暑の中、1時間も2時間もインターホンを押し続けて、時には怒られ、断られ続け、精神的にかなり凹むこともあります。でもそこであきらめたら終わりなわけですよ。確率があるわけですから、信じて訪問を続けていけば、その人に出会うのです。成約が多いトップセールスマンは、断られた件数もトップなのではないでしょうか?(まあ、中にはスーパー営業マンもいると思いますが)


ナポレオン・ヒルの成功哲学には次のような言葉があります。
 
 「もし貴方が敗れると考えるなら、貴方は敗れる」
 
 「強い人が勝つとは限らない。すばらしい人が勝つとも限らない。私はできると考えている人が結局は勝つのだ」
 
 「心の中に限界を設けない限り、人生に限界なんか存在しない」

 「人間に挫折や失敗はつきものである。 問題は、そこから教訓と成功の糧を引き出せるか否かである」



すなわち

あきらめたらそこで試合終了

 私は、確かに今、崖っぷちです。本当に生きるか死ぬかです。でも、ここから這い上がろうという気持ちは誰にも負けていないと思います。FXで絶対成功するんだ、絶対にあきらめないという気持ちが今のトレードに結びついてきています。FXで成功を収めている方たち・・・その方たちがトレードをするときに押すマウスのクリックボタンは、押すのは一瞬ですが、その陰には並々ならぬ努力と強い気持ちが入っているに違いありません。FXや株で儲けたお金をあぶく銭だと言ってくる人もいますが、FXや株を実際にしている人なら、そのお金がどれだけの気持ちの結晶かは分かると思います。

 このブログに来ていただいている皆さんとともに、勝っていきたいと思います。やるからには勝たなければ


関連コンテンツ

スポンサーリンク